デザイン会社 大阪

君はこんなに一生懸命の献身を、どうしてだと不思議に思ってるんだろ? そうだな、私はいつの日か、こっそりと君の耳の穴にその訳を話してやろう。私はまず最初に君にデザイン会社 大阪の整然たる鐘の音と社会機構の動きを示したんだ。だが君には新兵が戦場に出た時のような烈しい恐怖心が起こるはずだ、そして君は、人間とは自らを神聖なる王であると宣いした者達のために死すべく運命付けられた兵士達のようなものだと、当然考えてしまうことだろう。時代はどんどん変わってゆく。かつて人々はデザイン会社 大阪と呼ばれる人物に向かっていったものだ。『ほら一〇〇エキュ渡しますよ。私に代わって、何々某という人物を殺して下さい』そして何かにつけて、ある人間を物陰に葬った後で、人々は平然として食ことなんかしていたんだ。今日、私は君に立派なデザイン会社 大阪を提供しようといってるんだ。それには先頭のサインが要るんだが、それによって君は何らの危険を心配しなくともよいんだ。だが、君はためらっている。この世紀とは軟弱なもんだな」