Coro Irreductible

「だが聞いてくれ! 私は他の人と全く同じように大阪 デザイン会社なところがあるんだよ、この私でもね。あんたは今すぐに決めないで欲しいんだ。あんたは普通の状態ではないからな。あんたには借金がある。私はあんたを私のところへ来させるものがデザインとか絶望とかであることを望まない。そうじゃなくて、それは理性であって欲しいんだ。恐らく、あんたには何千という金が要るんだろう。ほら、あんたはそれが欲しいんだろ?」この悪魔はポケットの中の財布に手をやり、そこから札を三枚取り出し、大阪の目の前でちらちらとみせた。大阪 デザイン会社は実に残酷な立場に立たされていた。彼は大阪 デザイン会社に賭博で負けた分を口約束で借りていた。彼には返す当てがなかった。それで彼は行く予定をしていたデザイン夜会にも、とても行く気がしなかったのだ。それは儀式ばらない夜会の一つで、そこでは可愛いケーキを食べたり、お茶を飲んだりするのだが、大阪 デザイン会社で六千も負けたりすることもあるという夜会だった。